【今読まれている記事】

◆②『おやゆびしゃぶりのはなし』1845年発行

引用:http://www.amazon.co.jp/

子供が絶対言うことをきく恐怖のしつけ絵本、

それがこの『おやゆびしゃぶり』

これは海外で描かれた作品で、

作者ハインリヒ・ホフマンが3歳の息子へクリスマスのプレゼントとして送った短編集絵本。

その中に収録されているのが今回ご紹介する

『おやゆびしゃぶり』というお話なのですが、

百聞は一見に如かず!

という事で内容をご覧下さい↓

14466586449130

主人公はコンラートという子供。

そのコンラート君にお母さんが留守番を頼みます。

14466586509661

そしてお母さんが出かける間際にこう言います。

「親指をしゃぶっちゃいけないよ。」

「もししゃぶったら怖い仕立て屋さんが入ってきて、親指をを二つとも切っちゃうよ」と。

そういってお母さんは出て行くのですが、

コンラート君はすかさずしゃぶってしまいます。

すると・・・

スポンサードリンク

スポンサードリンク

14466586553172

大きな鋏をもった仕立て屋さんが入ってきます!

そして・・・

14466586601563

お母さんが帰ってきてみると・・・

14466586643354

コンラート君の親指が二つとも切り落とされいるのです!

そしてコンラート君が悲しい顔で立っていた。

これで話は終わります。

何て救いの無い話なんでしょうかね・・・

こんなクリスマスプレゼントは嫌ですね・・・

作者のハインリヒ・ホフマンさんは息子のしつけの為に描いたようですが、

ちょっと行き過ぎている気がします・・・

《三つ目は次のページへ》