2015年11月24日(火)に放送された

『マツコの知らない世界』にて

百獣の王『武井壮』さんが学校では教えてくれない

”足が速くなるコツ”を番組内で披露してくれており、

これが非常にためになりそうでしたので詳しくご紹介したいと思います!!

スポンサードリンク

◆武井壮のプロフィール

マツコ04

名前 武井壮(たけい そう)
出身地 東京都葛飾区
生年月日 1973年5月6日
現年齢 42歳(2015年時点)
身長 175cm
体重 69kg
経歴 10歳 人生をスポーツで生きると決意
大学時代 陸上競技を始め、半年で200m走国体選手。十種競技に転向後、2年半で日本一
28歳 プロスポーツ選手トレーナーを務める
現在 マスターズ陸上2015 4×100mリレー優勝。42秒70(アジア新・日本新記録樹立)

大学で始めた10種競技でわずか2年半で日本一になり、

2015年世界マスターズ陸上で世界一に輝いた男・武井壮さん!

さらに!野球や競輪・陸上など数々のプロスポーツ選手のトレーナー経験まで持つまさにスポーツ万能男!

そんな武井壮さんが教えてくれる速く走るコツとは何なのか?

 ◆武井壮流!足が速くなるコツ

マツコ03

武井壮さん曰く、

「走る人を見た時に最初に何をするのかと言ったら、

そいつがやろうとしている事を矢印で書いていくんですよ!」

だそうです。

ではウサイン・ボルトさんの写真を例に取り上げられていた二つのコツ見ていきましょう!

武井壮流!足が速くなるコツ①

マツコ12

この赤丸で囲んだ足は何をしているように見えるでしょうか?

コレは一見、地面を蹴っているように見えるのですが、

そうではなく、武井壮さん曰く「もうこの時には蹴り終わっており矢印の方向に向かっている」そうです!

普通は逆方向に足が行きそうですがそうではないのですね!

運動会を例えに話してくれたのですが、

マツコ08「運動会でウワーッって走ると後半(足が)後ろに行って足が出てこない時(絡まって転んだり)がある。

それってこれ(足を矢印の方向に出す事)ができてないからなんですよ!」と言っていました。

なるほど!確かにわかる気がします!

《コツ①》

マツコ09

”足が地面についたらそのまま踏ん張らずにすぐに足を地面から離し前にだす!”

武井壮流!足が速くなるコツ②

マツコ13

今度はこの腕の部分!

武井壮さん曰く、

「この腕もふっているって思っている人がいるじゃないですか。

振ってるんじゃないんですよ。」

とのこと。

では一体どうゆうことかと言うと・・・

《コツ②》

マツコ10

”腕を振る反動を使って身体の重さを軽くするだそうです!

これはどういう事かと言うと、

腕を矢印の方向に振ると分かるのですが、

身体が浮くのです!

コレは武井壮さん曰く足で浮かせるのと同じくらいの効果だそうで、

これをやれば体重がゼロに出来るんだとか!

つまり、足が着いたときに腕を上げれば、足の力がいらなく前に進むことが出来るという事!

◆まとめ

以上の事を意識すると速く走ることが出来るそうです!

また、武井壮さん曰く、速く走るひとがやっているのは

マツコ11

”自分の重さを常に軽い状態に出来るか”

ということをやっているかどうかと番組内で何度も言われていました!

速く走りたい方は是非この部分も気にしながら練習してみてください!

では、今回はこの辺で!!