2015年11月26日に放送されたテレビ東京の『ヨソで言わんとい亭』にて、

元セクシービデオ監督の『新井禎雄さん』

A○業界のギャラから盗撮モノの実態までを大暴露してくれていました!

スポンサードリンク

【今読まれている記事】

◆新井禎雄のプロフィール

ヨソで言わんとい亭AV業界裏事情01

新井禎雄(あらいさだお)さん(40歳)は2000年~2005年までアダ○トビデオの監督を務め、

現在は裏社会ジャーナリストとして活躍してされている方です。

そんな裏社会に精通した新井さんがA○女優のギャラから業界の最新事情まで大暴露してくれました!

◆2015年現在の○V業界の売上

ヨソで言わんとい亭AV業界裏事情02

河本「業界の売上ってどうなってます?今。」

新井「10年くらい前がたぶんセルA○の全盛期って言われてるんですよ。

10年前と比べても今現在のA○の売上っておそらく5分の1くらいになってるんじゃないかな。

昔は僕が所属してたとある有名なメーカーなんかは看板監督が撮った作品は1万本売れなかったら反省会なんですよ。

TOHJIRO監督とか二村ヒトシ監督(日本を代表するA○監督)とかそういう方たちの作品は。

TOHJIROさんとか二村さんは1万本売るのがとにかく使命。今や2000本売れたら皆喜んじゃいます。

今のA○業界はそんなことになっていたんですね!

◆現在のA○女優のギャラは?

ヨソで言わんとい亭AV業界裏事情04

インターネットに違法な無料動画をアップする人や格安ア○ルト動画サイトの出現により、A○の売り上げは激減し、全盛期だった10年前の5分の1になってしまったA○業界。

それは女優さんのギャラにも勿論影響しているそうで…

新井「売り上げが5分の1に減ったと仮定したならば、必然的に売れる本数からみんな制作費を算段するじゃないですか。

ってことは女優さんのギャラが5分の1になるって話なんですよ。一番高いですもん!女優のギャラって。

僕の時代、10年ちょっと前だと一番高いねこの子達って子で400万円とか。一本じゃないですよ!一日!」

一日で400万円!?

すごい時代ですね…

そして現役トップの女優さんはいくらくらいなのか聞いてみると…

新井「プロダクションに所属して『この子の作品うれるね。もうこの子は単体だね』っていういわゆる普通に頑張っている単体の子でMAXは150万円くらいだと思います。いけて。」

いけて150万円ですか。しかも1本で。

普通に考えたら凄い事なんですが、

10年前の日給400万円のインパクトが凄すぎて霞んでしまいますw

さらに現在の撮影事情について聞いてみると…

新井「昔と違って撮影日数がどんどん減っていっているんですよ。昔はギャラも高かったし撮影日数も長かった。

ドラマものなんて、ちょっとした映画とるくらいの一週間ロケとかしていたのが、今はギャラの上限が150万円くらいで基本一日で撮ってる。との事!

現役A○女優の白石茉莉奈さんの場合は、

白石私は月に1本2日撮りです。パッケージも含めて。大急ぎですもう。時間との勝負みたいな。

昔は撮るごとにパッケージで別日でフォトスタジオを借りてとか。でも今はスタジオ代も節約したいから二日でやっちゃおうって。と語っていました。

今のA○業界はかなり大変そうですね。

ちなみに動画部分で一日半使い、残りの半日をパッケージ用の写真で使うそうです!

《白石茉莉奈さんのギャラや盗撮モノの現状については次のページで!》