一年の世相を言葉で切り取る新語・流行語大賞。

本日2015年12月1日、新語・流行語大賞2015がついに発表されました!

果たしてどの言葉がランクインしたのか?

そして栄えある大賞に輝いたのはどの言葉だったのか?

詳しくご紹介したいと思います!

スポンサードリンク

◆新語・流行語大賞2015トップ10入り

流行語大賞

・『安心して下さい、穿いてますよ。』

芸能界からは、とにかく明るい安村さんの『安心して下さい、穿いてますよ。』がランクインしました。

・『五郎丸ポーズ』

スポーツ界からは、今年日本を熱狂の渦に巻き込んだラグビー日本代表の五郎丸選手のポーズ、通称・『五郎丸ポーズ』がランクイン!

・『まいにち、修造』

また、今年売れに売れた松岡修造さんの熱いメッセージが書かれたカレンダー『まいにち、修造』がランクインしました!

・『トリプルスリー』

野球界からはヤクルトの山田哲人選手、ソフトバンクの柳田悠岐選手が達成した『トリプルスリー』がランクイン。打率三割・30本塁打・30盗塁超えのこの偉業がセパ両リーグから出たのは実に65年ぶりだそうです。

・『一億総活躍社会』

政治の世界からは、第三次安倍改造内閣のキーワード『一億総活躍社会』がランクイン。

少子高齢化の流れに歯止めをかけ、誰もが活躍できる社会を目指す言葉がトップ10に選ばれました。

・『アベ政治を許さない』

一方でその安倍政権に向けられた言葉『アベ政治を許さない』もランクイン。

これは、今年夏国会周辺で行われた安全保障関連法違反に対するデモ。

そこで掲げられていたパネルに書かれていた言葉でしたね。

・『SEALDs(シールズ)』

さらに!独特のラップで若者を惹きつけ注目された学生グループ『SEALDs(シールズ)』もトップ10入り!

・『エンブレム』

今年の夏、佐野研二郎氏がデザインしたエンブレムに盗用疑惑などが持ち上がったことから白紙に戻され大きな話題となった、

2020年東京オリンピック・パラリンピックの『エンブレム』がランクイン!

・『爆買い』

中国人旅行者が大量に商品を購入していく『爆買い』がランクイン。

日本のデパート・店側も大きなビジネスチャンスと捉え、

中国人客の旺盛な消費意欲を取り込む動きも加速しましたね。

・『ドローン』

小型無人機『ドローン』もトップ10入り!

今年4月には首相官邸の屋上に落下させる事件が起きるなど、事故やトラブルでも注目されましたね。

この10の言葉から選ばれる年間大賞。

栄えある大賞に選ばれたのは・・・

◆新語・流行語大賞『年間大賞』は?

今年、年間大賞に選ばれたのは・・・

《年間大賞》

『トリプルスリー』

『爆買い』

以上の二つの言葉が今年の栄冠に輝きました!