2015年12月10日に放送された『マツコ&有吉の怒り新党』の今回の『新三大○○調査会』は、

立ち技最強の格闘技とも呼び声高いムエタイから調査されていました。

題して新三大『ムエタイ・伊藤紗弥のギャップがありすぎるファイト』!!です。

スポンサードリンク

◆伊藤紗弥のプロフィール

怒り新党 新三大 伊藤紗弥

引用:http://www.boutreview.com

名前 伊藤紗弥(いとう さや)
キャッチフレーズ 天才ムエタイ少女
生年月日 1999年1月7日
現年齢 16歳(2015年時点)
出身地 東京都八王子市
身長 145cm
所属ジム 尚武会

伊藤紗弥選手は今年の9月に高校2年生ながら女子ムエタイの世界チャンピオンになった方。

この可愛らしい外見とは裏腹に、そのファイトスタイルはかなりギャップがあるという事です。

4歳の時お兄ちゃんの通っていたムエタイをメインで教える格闘技ジムに「楽しそう」と入会。

そこで基礎体力をつけるため空手やキックボクシングを習い始めるとなんと6歳で出場した空手の大会では男子を片っ端から倒して優勝。

更に、8歳の時にはキックボクシングの大会でこれまた男子をなぎ倒し優勝をもぎ取るのです。

そんな伊藤選手が満を辞してムエタイデビューを果たしたのが10歳の時。

その試合がコチラ↓

①2009年(10歳)『MuayYoko(ムアィヨーコー)第10回大会』

まず一つ目は2009年に開催された『MuayYoko(ムアィヨーコー)第10回大会』

この試合は伊藤選手がムエタイデビューしてから間もない、いわば初心者の頃なのですがその試合運びは圧巻です。

1:13秒あたりからその内容が見れます。