【今読まれている記事】

③2015年(16歳)WPMF世界女子ピン級タイトルマッチ

高校生になった伊藤選手は、『Little Tiger(リトルタイガー)』選手という方と世界タイトルマッチをすることに!

この『Little Tiger(リトルタイガー)』選手は七つの世界タイトルを持つ女子ムエタイ界の絶対王者!

そんな王座に君臨し続けるレジェンドとの一戦。

試合前のリトルタイガー選手は「救急車を用意しとけ!」と余裕のKO宣言!

そんなことを言われたらさすがの伊藤選手も萎縮してしまいそうですが、

会見後のツイッターには…

なぜか小さい頃の写真を載せチケットの売れ行きを心配w

そして下馬評では完全にリトルタイガー選手優勢の中、16歳の女子高生が無謀にも見える超ビッグマッチに挑みます!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

序盤、王者リトルタイガー選手に翻弄される伊藤選手。

しかし第二ラウンド、伊藤選手は相手の動きを見切っていき次第にチャンピオンを捉え始めます。

そして攻めの姿勢をやめない伊藤選手。

リング上には誰もが予想しなかった光景が繰り広げられます。

そして試合は判定へ。

14496792651274

チャンピオンの表情をみれば一目瞭然。

ジャッジ三人ともが伊藤選手を選ぶ圧勝という結果になり、

わずか16歳で世界王座のベルトを獲得するという大偉業を成し遂げました。

《おまけ》

世界タイトル戦後の伊藤選手の感想…

「一つ増えた」