wallpaper_13111

引用:http://woman.excite.co.jp/

気になる今年のバレンタインの曜日は?

スポンサードリンク

みなさん。今年のバレンタインはどうする予定ですか?今年のバレンタインは、土曜日で毎年、職場や学校でたくさんチョコを贈っていた人は、今年は、無理に渡さなくて済むかもしれませんね。

ある企業の調査によるとバレンタインの日が平日と休日では、バレンタイン関連のチョコの売り上げが20億円以上減ると出ているそうです。

その分、本命にあげるチョコは、いつもより豪華、または、手作りなんかもいいのではないでしょうか。

まずこのようなバレンタインイベントがいつごろから生まれたか

images (19)

日本の場合、諸説ありますが1958年(昭和33年)2月にメリーチョコレート会社というところが新宿・伊勢丹の売り場に「バレンタインセール」と書いた看板を出してチョコを売っていたそうです。

最初は、全く売れなかったそうですが昭和30年後半からバレンタインを企業の働きも活発になり森永製菓なども新聞などにバレンタイン企画の広告を出したそうです。

そこから現在まで徐々に盛り上がりをみせて今に至ります。

そもそものバレンタイン・デーの発祥は?

ダウンロード (26)

どこなのかというとイタリアです。

イタリア・ローマで西暦270年2月14日に亡くなったキリスト教の司祭バレンタインさんの命日で愛の日とされています。

でわなぜ愛の日になったのかというと当時のローマでは、皇帝クラウディウス二世は、隣国と戦争をして領地拡大を計画していましたが実際、戦う若者たちが家族や愛する恋人と離れ離れになりたくないと戦争に出たがりませんでした。

そこで皇帝は、結婚を法律で禁止にしました。

しかしそんな現状を見かねたキリスト教司祭バレンタインさんが皇帝に内緒で結婚をさせてあげていました。

しかしそれが皇帝に知られて投獄されてしまいキリスト教自体快く思っていなかった皇帝に無理やりローマの宗教に改宗を迫られましたがそれを拒否して西暦270年2月14日に処刑されてしまいました。

その死を悼む行事として行われていた聖バレンタインデーですが後に若者たちの間でこのバレンタインさんの素晴らしい行いからその日にプロポーズや大切な人への贈り物を贈る日に変わってきたそうです。

なので現在イタリアでは恋人同士がプレゼントを贈り合います。そのため「義理チョコ」やホワイトデーといったイベントもないそうです。この文化は、日本独特なものですね。

今年は、いつもと違うバレンタインを

images (20)

今年のバレンタインは、土曜日ですので学校や会社が休みの方も多いのではないのでしょうか?

そのため時間がたっぷりあるので大切な人に手作りチョコや恋人と素敵な場所へデートなどいつもと違うバレンタインを過ごしてください。