2015年9月2日(水)23:15~放送された

『マツコ&有吉の怒り新党』の『新三大○○調査会』

今回はある本に残された愛の面影について調べていました!

題して新三大古本マニア古沢和宏が見つけたアンデルセン童話集に残る痕跡』!!

痕跡本というのは本の中に落書きであったりメモが挟まっていたり所々に切込があったりと

前の持ち主が何らかの痕跡を残した古本のことを指すそうです!

はたしてその痕跡とはどのようなモノだったのでしょうか?

詳しく見ていきましょう!

スポンサードリンク

【今読まれている記事】

新三大古本マニア古沢和宏が見つけたアンデルセン童話集に残る痕跡①『第二巻の手紙』【マツコ&有吉の怒り新党】

14412085169667

この本には60年以上前のある愛の痕跡が残されていました!

手紙の宛名は『F子ちゃん』。

そして差出人は『英雄』。

その手紙の内容がコチラ↓

「F子ちゃん。

君に会いたくて仕様がないのだがウッカリ会いたいと言って又君を苦しめても困ると思って私も困っている。」

まずはこの手紙の中でF子ちゃんへの強い想いを語る英雄。

さらに・・・

「かれこれ一ヶ月くらいになるのだが君はどうかね。

会うとして君がここらへ遊びに来てくれれば一番いいのだが。

もし会っても良いと決心が着いたらなるべく君の方から来てくれないかな。

引越しして以来いささか身の不自由さを感じているからだ。」

どうやら英雄は引っ越したばかりで一ヶ月間F子にあっていないようす。

さらに手紙はこう続くのです。

「もう二三ヶ月もすれば私の方からでもそちらへ行けるようになれると思う。

それなら二三ヶ月待ちましょうというかも知れぬ。

それを考えるといささか暗い気持ちになるがとにかく君に任せよう。

ともあれ私が”会いたい”と言ったからといって重荷を感じて苦しまないように頼むよ。

F子ちゃん 英雄 5月26日」

ここまでの文面からわかるのは、

どうやら英雄は5月26日の2~3ヶ月後、

つまり7月か8月の休みでF子に会いに行けるらしいということ。

このことから考えるとひょっとしたら『学校の夏休み』なのかもしれないですね!

文章力からしても英雄は転勤した教師とかの可能性がある気がしますね!

古沢さんの妄想によると・・・

妄想①・・・英雄⇒教師 F子⇒生徒

妄想②・・・遠距離恋愛の連絡方法として本に手紙を挟んでいた?

以上二巻の内容でした!

はたしてふたりの恋の行方はいかに!?

続きは次のページで!