2015年11月28日フジテレビの土曜プレミアムで

『世にも奇妙な物語25周年!秋の2週間SP〜映画監督編〜』が放送されました。

その中の映画『踊る大捜査線シリーズ』などで有名な本広克行監督と

俳優の妻夫木聡さんがタックを組んだ幸せを呼ぶ眼鏡のストーリー内容をあらすじと共にネタバレを以下で詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

◆妻夫木聡主演『幸せを運ぶ眼鏡』前半あらすじ【世にも奇妙な物語】

世にも奇妙な物語 幸せを運ぶ眼鏡 あらすじ

※ネタバレは2ページ目に記載

妻夫木聡さん演じる村上涼太(むらかみりょうた)は独身、彼女なし。

そんな涼太はある日ノリでマッチングサイトに登録します。

すると数人の女性からデートのお誘いが。

涼太はその中で山本美月さん演じる三浦あゆみとデートをすることに。

そしてデート当日。涼太のもとに、Happy Glass(ハッピーグラス)と書かれた箱が届きます。

箱を開けてみる涼太。すると箱の中には眼鏡が入っていました。

気になって眼鏡を手に取りかけてみます。

すると突然「名前を教えてください。」という声がどこからともなく聞こえてきます。

その声はどうやら眼鏡から聞こえていると判明しました。

涼太は眼鏡の声に驚きつつも、自分の名前を答えます。

するとレンズに『ユーザー認証完了』という文字が浮かび上がり、「サポートを開始します」と眼鏡は言いました。

そして眼鏡は続けてこう言います。

「私は『ウェアラブルライフサポートアドヴァイザー』。通称『ウェルサ』。村上さまを幸せに導く眼鏡でございます。」

・・・

ウェルサをかけて外へ出てみると、どうやらこのウェルサには特殊な機能があるという事が分かってきました。

ウェルサは自分が必要としている情報(天気や目的地案内、心拍数、相手の好み、更に本の購入など)を他の人間に悟られることなく教えてくれるハイテク眼鏡だったのです。

デート経験などが乏しかった涼太ですがこのウェルサのおかげであゆみとのデートは成功。

それから涼太は服を買うにも、仕事をするにもウェルサに頼りきりになっていきました。

そのおかげか、仕事も恋愛も今までが嘘のように上手くいき始めます。

そんなある日、涼太はあゆみを自宅に呼びプロポーズをします。

しかし!プロポーズの途中でウェルサの電池が切れてしまうのです!

焦った涼太はプロポーズを一旦やめてウェルサを充電することに。

そして充電の時間を稼ぐ為にあゆみを一人家に残して買い物に行ってしまいます。

《後半は次のページで!》